書道家

140回】20161212日(月曜日)16時~1630

FM84.2MHz(ラヂオつくば内)@タウン守谷ご案内

 

【ゲスト】親墨書道会代表 小松原 筑穂さん

 

【番組内容】

みずき野にお住まいの小松原筑穂さんは、破体書作家として書家展、書芸展、個展、ボランティア、後進指導の為の講師と多くの活動をされ、その活動内容と破体書とは何?を中心にお話を伺いました。

破体書とは異なった書体(甲骨文、金文、隷書、草書、楷書、行書、ひらがな、カタカナ)を2つ以上組み合わせて創作する書。しかしただ組合せれば良いのでは無くそこに調和性が求められ無いと見た人が違和感を感じてしまうとの事です。

書体だけでは無くそこに墨色、濃淡、かすれ、線質等の要素が加わり大変奥が深くこれで良いと思える域にはなかなか到達しないとの事でした。

 

【パーソナリティー】ジマちゃん

     BGM】 By Crepusculaire Plage  <composer/player: Susumu YAMAMOTO>